TrashlogTrashlog

Twitter以上, ブログ未満な文章

対人コミュニケーション

2019.04.29
コミュニケーションが苦手だ。

今まで、周りから「そんなことない」と言われてきた。

実際、そのとおりだ。とある状況下以外では。

だいたい、うまくコミュニケーションが取れない状況は、異性の前であったり、すこしでも苦手だと思うタイプに対して発動する。

ラク○ルもそれで辞めた。三ヶ月半のスピード退社。

ぶっちゃけ、今ですら引きずっている。もうけっこう前のことなんだけど。対人コミュニケーションが原因で辞めた。

異性に対しては、最近わりと大丈夫になってきた方だ。たぶんガールズバーに行ってるからかもしれない。

いやもうあれだ、その時点で「コミュニケーションどうこう」の問題ではないと思うのだが、それでも、まぁ自分なりに前進している方だ。

高校3年間、異性との会話はすべて敬語だった


高校3年間、僕は異性としゃべるとき敬語だった。

プリントを渡されたとき。友達との会話に入ってきたとき。バレンタインでチョコをもらったとき。

ずっと敬語だった。女子に陰口を言われるのが怖かった。

高校に入ってからすぐに、女子に陰口を言われていたことを知って、とてもショックを受けた経験がある。

男兄弟だったし、あまり女子との接点がなかった僕は、陰口を言われていたことで、ますます女子と喋れなくなっていた。

その後、僕はクラスの友達もいなくなり、学校に行かなくなって引きこもった。

利害関係が一致する異性(例えば、仕事仲間、ガールズバー、お店のウェイトレスさんなど)であれば、ふつうに喋れる。

だから、友達の友達とか、飲み会で知り合ったとか、そういう「自分との関わりがノーマルな人」たちが、僕に対して嫌悪感を思っているんではないかと、思ってしまうわけだ。

それが恋愛になるとなおさらで、いや、それが頑張ってうまく構築できたとしても、やっぱりその先だとか、考えなくてよいことをあれこれ考えて、やっぱり、最終的にコミュニケーションがうまく取れなくなるのだ。

だから、女子のグループとかに入るのは、もう地獄の沙汰で、「かならず陰口を言われているはずだ」と覚悟を決めて、話させばならぬときは、それはもう決死の覚悟でくっちゃべるのだ。

そして、大抵カラ回るのだ。合コンとか。友達に呼ばれた飲み会とか。

あいつらは平気で「口が臭い」だの「面白くない」だの「童貞だ」などと、致命傷になりかねない言葉を、今いない相手だからと、ペラペラしゃべるのだ。そういうゾーンになったあいつらは誰にも止められない。実際見たことないけど。

前回、参加させていただいたホームパーティも女子が多く、僕は初っ端の自己紹介時に「女子とはガールズバーでしか話さないのでとても緊張していますっ!」と、「あれ、暴露話の流れだったっけ?」という勢いで吐き出し、いたたまれなくなって途中で帰った。

たぶんその会ではきっと「あの童貞、見え張ってガールズバーでは僕は喋れますって、マジうける」と盛り上がっていたに違いない。いや、実際は僕の話にすらなっていないと思うぐらいのサイレント帰宅だったから、それはないとは思うけど。そう思いたい。

実際、いつ陰口を言われるのか分からないので、日々、被害者にならないよう、バリアーを張っている。

そんなことを、あることないこと、考えるから、純粋にコミュニケーションを取るのが怖いのだ。

嫌な相手なら切ればいい


僕は「9割から嫌われて1割から好かれればそれでいい」と思っている。

だから、ちょっとでも嫌な相手は関わらないし、それが仕事関連であればすぐに仕事を辞める。実際ラク○ルは速攻で辞めたしね。そういえば、新卒の会社も10ヶ月ぐらいで辞めてたわ。ちょっと泣きそうになったわ。

フリーランスになってからも、取引先はバンバン切ってきた。もちろん、きっちり納品した後の話だが。

ただ、最近はそうじゃなくなってきた。

フリーランスから会社化して、仲間も一人JOINしている。

一人で自由でやっていた以前とは違う。

多少嫌だと思った相手でも、なんとか仕事を取らないといけない。まぁ、DMの時点でアニメアイコンのやつとは仕事する気はさらさらないけど。

これからは大人にならないといけない。

もう28歳だ。小学生からみたら「おっさん」だ。もう一度言う、「おっさん」だ。りっぱに、おっさんだ。

曲の歌詞でも「三十路が〜どうたら〜こうたら〜」とか出てくるし、もういろいろと考えないといけない時期になっているのだ。

対人コミュニケーションがいまだによく分からず、酔っ払った勢いで、ただただゴールもなく闇雲に文章として吐き出し(まぁそういうテーマで作ったのがこのTrashlogなんだけど)、これから追加で酒を飲もうか悶々としているだけの、クソほどどうしようもない男」ではあるが、まぁなんだ、文章ベースの非同期コミュニケーションは楽だね。今のところストレス0でここまで書けたよ。

ここまで書いて分かったけど、たぶん、今後もこのブログはまとまらない。まとまる気配がない。

まぁ、だれかの暇つぶしぐらいになれば嬉しいよ。読んでる人いるのかな。分からんわもう。

おわり。

PS. 書いてる途中で酒を追加しました。母さん、吉祥寺の街は今日も賑やかです。